余ったパソコンで不労所得を得る方法 ~BitCoin 採掘~ #eizosuisen


皆さんは、BitCoinという仮想通貨はご存知でしょうか?
仮想通貨は多種多様なものがあり、一例を上げるとハンコイン、モバコイン、MMORPG内で取引に使うコインなどがあります。
このBitCoinは、どのように生み出されているかというと、世界中の余剰マシンで、計算をさせることで日々生み出されています。
では、早速。ビットコインの口座を作りましょう。以下のサイトにアクセスして、ダウンロードを選びます。http://www.bitcoin.co.jp/
ダウンロード後、アプリを実行してインストールすれば、それでBitCoinのやり取りが可能な口座が出来上がります。
これから本題の採掘の環境を構築していきます。
まず、個人で採掘するにはハードルが高いので採掘団体に加入します。
団体はいくつかありますが、ここではBTC Guild をご紹介します。
まず、以下のサイトにアクセスして、お好きなユーザIDとパスワードを入力します。これで団体への加入は完了です。
https://www.btcguild.com/
メニュー右側にあるSettingsというボタンを押下してください。
メールアドレスを入力し、入力フォーム右にあるChangeボタンを押下してください。
確認メールを送信したという情報が出ていますので、メールを確認します。

画面上部に真ん中付近に、wokerというリンクがあるのでそれを押します。
Create Workerの欄にお好きな名前を入力します。ここでは説明の為に、「pc1」と入力します。
右欄に、Payment Methodという項目がありますが、貢献するごとに報酬がもらえるPPSに変更します。
これで「ユーザID_pc1」 というwokerIDが登録できました。

次に、採掘用のソフトをダウンロードします。
ここでは、お使いのパソコンのGPUを使って採掘処理を効率化できるソフト cgminer をダウンロードします。
以下よりダウンロードします。
http://ck.kolivas.org/apps/cgminer/
今回は、Windows環境を例にしますので、cgminer-3.4.2-windows.zipというファイルをダウンロードします。(執筆時点)
ダウンロード後、お好きなフォルダに解凍します。
解凍したフォルダに移動して、メモ帳などのテキストエディタで以下の文字列を入力してください。
cgminer -o http://stratum.btcguild.com:3333 -u UID -p PASSWD -I 9
UIDに、先ほど登録したworkerIDを記入します。
PASSWDは、BTC Guildの場合、123を記入します。
編集が終わったら、run.bat というファイル名で保存して下さい。
run.batを実行すれば、cgminerが起動します。
数分たった後、BTC GuildのダッシュボードのAccount Balanceでbitcoinが増えていれば正しく動作しています。
動作していない場合は、再度設定を見直してください。ネットワーク環境がポート3333があいていることも確認します。

これで蓄えたい分だけcgminerを動かし採掘を行います。以降は、蓄えた貯蓄をリアルマネーへ変える説明です。

ビットコインをリアルマネーに変換できるビットコイン取引所のアカウントを登録します。
以下のサイトにアクセスしてください。
https://www.mtgox.com/
今すぐ登録 ボタンを押下して画面に習って登録して下さい。
本人確認が必要になるので、免許証、パスポートなどをスキャナ、カメラ等で画像ファイル化してください。

登録が完了したら、受け取る先のBitcoin WalletはMt.Goxに表示されていますのでMt.Goxにログインし、取引→入金オプションを開きます。
画面下部の文字と数字の羅列からなるアドレスがBitcoinアドレスになります。この文字列をコピーしておきます。

BTC GuildのSettingページを開き、コピーした文字列をBitcoin SettingsのBitcoin Walletに貼りつけます。
これで、BTC GuildからMt.Goxへ送金が可能になります。送金はある程度まとまった単位で、ダッシュボードのManual Payから行います。
以上で、解説を終わります。好きな方はグラボをたくさん購入されても良いかと思います。

LEAVE A REPLY